携帯はウォーターサーバー
ホーム > 注目 > 複数の業者から訪問査定を受けるメリット

複数の業者から訪問査定を受けるメリット

マンションを売るときに損のない取り引きをしたいのであれば、売りに出そうとしているマンションを査定してもらう時は出来るだけ多くの仲介業者に見てもらい、相場観を養っておくことが不可欠です。

 

売主が相場知識を持たない場合、仲介業者や購入希望者につけ込まれて、価格交渉に持ち込まれてしまうこともあるからです。

 

それと、見積り時の業者の対応を比較すると、担当者との相性や会社の営業力なども分かる部分もあります。

 

一社ごとに感想を記録しておくと良いでしょう。

 

土地家屋など固定資産の所有者に課税される地方税を固定資産税と言い、場所によっては都市計画税も課税されます。

 

誰でも不動産を所有していれば払わなければいけない税金で、毎年課税されます。

 

納税義務があるのは、物件を1月1日時点で所有していた人という規定があるため、買い手との売買契約は1月1日以前に成立していても、肝心の所有権移転登記がまだだと、納税義務者は売り主になるわけです。

 

購入者が納税義務を負うのは所有権移転登記を済ませた次の年からになります。

 

普通、不動産査定を受ける時は、まずネットで相場を調べるのが定石ですが、そのあと詳しい査定を受けたい時には、不動産仲介業者に現地に赴いてもらって詳細をチェックしてもらいます。

 

現地では間取りや日当たり、建物の使用状況や周辺環境、物件がマンションなら共有設備についても確認してから、正式な査定額を出してくれるでしょう。

 

それぞれの不動産業者で査定結果は変わりますから、複数の業者から訪問査定を受けておくと、選びやすくなります。

セルノート