携帯はウォーターサーバー
ホーム > 携帯決済現金化 > 携帯決済現金化を直接できる利便性

携帯決済現金化を直接できる利便性

電子マネーや携帯電話での決済は便利だが、利用できない事も多々ある。

やはり、現金の便利さと言うか、そこにあるだけで安心できる金と言うのは現金しか無かろう。

現金な奴と言う言葉もあるように、やはり使えるか使えないかも分からない、或いは使える場面が限定されている金よりも、あらゆる場所で使用できる現金があった方が融通が効く。

そこで携帯決済現金化である。

手元に現金が無くとも、携帯電話の利用料金を加算する代わりに手元に現金を持ってくる、と言うやり方だ。

少し前までは、有名通販サイトのギフト券が携帯電話で決済できたので、そのギフト券を売り払う等して、結果的に携帯決済現金化が、できていた。

だが、今では携帯での決済は制限されているらしく、上手く携帯決済現金化が出来なくなってきている。

ドコモ等はプリペイドに携帯の決済でチャージする事によって擬似的な現金化ができているが、結局カードなので、扱いはクレジットカードに準じるし、何よりチャージが面倒臭い。

現金が欲しいなら、そこからさらに、そのチャージしたカードで、現金化できるアイテムが必要になって来るわけで、二度手間や三度手間となり、そこまでの段取りを整えるのも時間がかかる。

しかし世の中逞しいと言うか、よく出来ている物で、携帯決済現金化を直接行う商売を始める者も出て来ているようだ。

商魂逞しいと言うか、商売と言うのはアイディア次第で何でも出来るのだなと感心させられた。

それらの携帯決済現金化に関するサービスを調べてみると、換金率が大抵95パーセント前後であり、これは商品券やギフト券等を現金化するよりも効率が良い。

ギフト券等は高くても90パーセント程度であり、売り払う手間もある。

だが、携帯決済現金化のサービスは、それよりも金のロスが少なく、しかもそのサービスで決済をすれば現金が手に入ると言う事で、分かり易さ、利便性、現金が手に入るまでのスピード、あらゆる面で優れている。

むしろ携帯決済現金化等と言う方法が考え出された時点でこう言うサービスが無かったのは疑問だったのだが、今まではそんなもの無くとも携帯決済現金化が出来ており、利用者もそれで満足だったのだろう。

そしていよいよ、こう言ったサービスが現れ始めたと言う事は、携帯決済現金化を行う者達に、不平不満が出始めて、その声に答える形で世に出る事になったに違いない。

実際いちいちギフト券等で携帯決済現金化を行うよりも、決済!はい現金!と言うこちらの方が遥かに使い易い。

世の中の便利さに対する貪欲さが、技術や経済の発展に寄与しているのだろうなとしみじみ思う。

よくコンビニ等の便利さは過剰すぎると言う話を聞くが、それでも可能ならば便利であった方が良いに決まっているのだ。


ドコモケータイ払い現金化