携帯はウォーターサーバー
ホーム > 携帯決済現金化 > ドコモケータイ払いの注意点(ご利用は計画的に!)

ドコモケータイ払いの注意点(ご利用は計画的に!)

以前ドコモケータイ払いを利用していました。

その頃私はネットでショッピングをすることが多く、セールの服やバッグなどを見つけると直ぐに購入していました。

ドコモケータイ払いの存在を知るまでは、ずっと振り込み若しくはコンビニ後払いをしていました。振り込みになると手数料がかかったり、仕事などで直ぐに振り込むことが出来ないのが不便だと感じていました。

そんな時にドコモケータイ払いの存在を知りました。私と同様ネットショッピングが好きな友人がそのことを教えてくれたのです。ドコモ歴は長かったのに、ドコモケータイ払いのことは全く知りませんでした。

話を聞くと、ドコモケータイ払いというのは、買い物をしてドコモケータイ払いを指定すると、翌月のドコモケータイ料金に加算されていくというシステムでした。クレジットよりも簡単で、気軽に使えるのがウリだと思います。

私は早速ネットショッピングをした際にドコモケータイ払いを指定しました。すると、その場で購入が確定され商品が直ぐに発送してもらえたのです。振り込みをする手間が省けるのは勿論のこと、直ぐに利用額の明細が見られるのも便利でした。

それをきっかけに、私はドコモケータイ払いを頻繁に使うようになりました。はじめは明細を逐一チェックしていたのですが、そのうちなあなあになっていきました。

そしてある時、ドコモケータイの請求書が届いて愕然としました。いつもの請求額の10倍の額の請求が提示されていたのです。そんなに利用した気はなかったのに、明細を見てみると服やアクセサリーやバッグなどいくつも買っていました。しかもほぼ毎日何かしら買っているのです。今思えば完全な買い物依存性でした。

その頃親機は父親だったので、直ぐにバレてしまい酷く叱られました。ドコモケータイ払いを利用することは勿論、月々の利用額を最低額に設定されてしまいました。

ドコモケータイ払いはとても簡単で気軽に利用できますが、クレジット同様計画的に使用しなければなりません。

あの時、ドコモケータイ払いで失敗したおかげで現在は計画的に利用しています。

携帯決済現金化の利便性