携帯はウォーターサーバー
ホーム > 携帯決済現金化 > 母の家の近くのリサイクルショップの買取を利用した体験

母の家の近くのリサイクルショップの買取を利用した体験

母が老人ホームに入ったので、家を片づけたいと頼まれて家の近くのリサイクルショップの買取を利用しました。洋服やバッグ、下着、雑貨などを買取してもらいました。

 

利用したリサイクルショップは、1度預けるという形になります。預けるのもあまり古い洋服や売れそうにないものは、引き取ってもらえません。なので持っていって3割が返されます。売れるのは3割です。

 

ほかのところの金額はわかりませんが、売れたものの半額をもらいました。総額は5万から6万になりました。フリマを利用した場合は、長い間お客さんを待っている時間もあり、売れてもあまりお金にはなりません。洋服は100円から500円くらいで安くなります。

 

私が頼んだリサイクルショップは、ブランドものなら3000円で売れて、1500円の利益がありました。また革の財布は高く売れました。これは母が作ったもので、定価はないのですが気に行ってくれたら、ある程度の金額は出していいというお客さんが多いのです。

 

また人気があったのは、まったく使用していない下着です。包装がしっかりしてあって、値札がついているものは、新品なので定価の3割安い値段で売れました。買取で下着は人気があるなあと思います。百貨店で買った下着で元の値段もいいのアで、買取も喜ばれました。

 

そして、母の家の商品の買取を利用するだけでなく、いい服があったら私も買いました。中古は安くていいものがあります。ここのリサイクルショップは、駅に近いマンションの1階です。最近若い人は駅前に家を建てないので、50代から80代の年齢層の主婦が多いです。これは母と同年代なので、流行のファッションというより、質がいいものを選びたいということで、買取ができました。これが若い人のファッションなら、買取は難しいと思います。

 

洋服だけでなく、家に合ったバッグや雑貨も売れました。アクセサリーは、思ったより高い値段をつけてくれたような気がします。買取でもらった収益は、母が私たちの自由に使っていいと言ってくれました。

 

リサイクルショップを探すときは、買取の値段と手間がどうかということを考えたほうがいいと思います。手間がかかる買取ショップなら、やめていたと思います。

 

母の家にあった宝石は、別の買取ショップにもっていきました。やはりダイヤと金の買取は高い値段がつきました。こちらも買取総額で5万前後です。